ゴロネ読書退屈日記

ゴロネ(平成元年生まれ)。読書ブログを目指している雑記ブログ。息子ハルタとじゃれ合うことが趣味。

平成のおわり、桜、令和のはじまり

1

 

改元なぞどうでもいいと思っていたが、新しい元号の発表に何故か妙にワクワクしてしまったのであった。「令和」という新元号を書いてみたくて、あらゆる書類の「平成31年度」と表記してあるところの下に「令和元年度」と書き加えた。

 

大伴旅人が詠んだとされる、「令和」の典拠となった『万葉集』の漢文の一文も美しい。書き下し文はつい口ずさみたくなる。

 

時に、初春の令月にして、気淑く風安らぎ、梅は鏡前の粉を招き、蘭は佩後の香を薫らす。

 

実現はなかなか難しいとはわかっていても、誰もが、新たな時代が、うるわしく、平和な時代になることを望んでいるはず。「令和」の響きはその実現に希望を持たせてくれます。

 

 

 

古典の世界では花と言えば梅であるが、現代では花と言えばやっぱり桜である。

 

先週仕事を早めにあがり、2歳の長男・ハルタとお散歩ついでに近所の神社にお花見に行った。暖かい日が続いていたが、ちょっとこの日は寒かった。三寒四温

 

子供の成長は早い。一緒に外を散歩ができるようになって嬉しい。このブログを始めた1年半前は、ハルタはまだ歩くことさえままならなかった。

 

神社には僕ら親子以外誰もいない。境内の桜はきれいに咲いていた。

 

f:id:gorone89:20190411220958j:plain

f:id:gorone89:20190411221044j:plain

岩に座るハルタ

 

ハルタは境内の砂利をひとつひとつ摘んでは、僕に「ドーゾ」と言って渡した。かわいい。『枕草子』の「うつくしきもの」の段を思い出す。

 

二つ三つばかりなるちごの、いそぎてはひ来る道に、いとちひさき塵のありけるを目ざとに見つけて、いとをかしげなるおよびにとらへて、大人になどに見せたる、いとうつくし。

 

また今年度もめちゃくちゃ忙しくなる予感。それでもこういった家族との時間を蔑ろにせず、大事にしていきたいです。

 

 

 

妻は、4月1日に新橋で配られた新元号発表の産経新聞の号外をメルカリで手に入れた。そんなものをメルカリで売る方も売る方だが、買う方も買う方である。届いた号外はしわが多い。号外が配られた現地では、それの激しい争奪戦になったらしく、人に奪われないためにくしゃくしゃに丸めたそうだ。

 

f:id:gorone89:20190411221813j:plain


元号の良いところは、元号を主語に置くことで、日本のその時代をひとまとまりと捉え、多くの人と同じ物語を共有できるところだと思う。西暦のディケイドで時代を語るのもいいけど、「昭和は〜」「平成は〜」「令和は〜」といった語りにはやはり何かぐっとくるものがある。

 

平成が終わる今年、僕は30歳になる。平成は僕の人生の第一幕であると思っている。令和と始まる第二幕では、今の自分の状態に安住することなく、様々なことに挑戦を続けたい。

 

とりあえず手始めに、社会科の教員免許とバスケットボールの審判のC級のライセンスを取得しようと桜を眺めている時に思い立ちました。

 

 

 

【長男2歳の誕生日】紙パックで作成したイスをプレゼントした話


妻はここ1か月ほど、牛乳の紙パックを、飲んでは洗って開き、ため込んでいた。僕は牛乳が大の苦手なので、紙パックのオレンジジュースとアップルジュースを交互にがぶ飲みし、その活動を応援した(少々下痢気味)。

 

なぜそれほど夫婦で紙パックをため込んでいるのかというと、3月30日に2歳の誕生日を迎える長男・ハルタへのプレゼントに、紙パックでできたイスを作成するためである。

 

gorone89.hatenablog.com

 

昨年の1歳の誕生日は東京ディズニーランドに行き、散財した。今年もどこかお出かけしたかったが、次男・レイがまだ生後1か月のため遠出はできない。したがって今年の誕生日会は、「低コスト」をテーマに自宅で執り行うこととなった。

 

紙パックイスは、ものすごい低コストのプレゼントである。様々なサイトを参考にし、妻と協力して作った。

 

まず、1リットルの紙パックを下のように切る。

f:id:gorone89:20190330232033j:plain

 

そして、この紙パックを三角柱の形にし、その中に新聞紙を1枚半入れ、ガムテープで止める。これを24個せっせとこしらえる。

f:id:gorone89:20190330232606j:plain

 

24個の新聞紙づめ紙パックを下のように合体させ六角柱を作り、ガムテープでがっちり固定する。

f:id:gorone89:20190330233043j:plain

 

六角形の形にダンボールを切り、上下の面に貼り付ける。

f:id:gorone89:20190330233545j:plain

ダンボール裁断用のハサミがあると便利です。

 

購入したアンパンマンのイラストの入った布を巻きつけて、縫い付け、出来上がり!!

f:id:gorone89:20190330234405j:plain

裁縫はすべて妻にやってもらった。僕は隣で「人にやさしく」を歌って妻を応援した。

 

ハルタにちょうどいいサイズ。気に入ってくれたようで、何度もこのプレゼントにお座りをしている。大人の体重にも耐えられる頑丈さである。

 

このイスの上にハルタを座らせて甘いケーキを一緒に食べたりして、いい誕生日になりました。 

早春育児奮闘日記

3月21日(祝)

 

23歳の春分の日に、車にはねられた。

 

暖かな陽気の昼ごろ、原付に乗ってあくびをしながら停止線で信号待ちをしていると、突然の衝撃を受け、僕は前方に倒れこんだ。後ろを見ると黒い乗用車が止まっている。これがぶつかってきたのか。

 

車から人が降りてくるのかと思いきや、倒れている僕とバックライトが大破した原付を避け、前進してきた。僕は立ち上がった。怪我はない。車の窓は開いていて、中には僕と同世代の若い男2人と女1人が乗っていた。運転手の男が、僕をにらんで一言。「邪魔だよ!」

 

そして、アクセルを踏み、そのまま赤信号を突破し、彼らは逃げてしまった。僕は今でも彼らのナンバーを覚えている。僕をはねた約30分後に彼らは捕まった。警察署で聞いたが、彼らは相当飲酒をしていたそうな。

 

彼らは僕をはねた後、ほかにも何台もの車に激突しながら、暴走を続けた。僕は倒れ方がよかったのと車のほうがあまりスピードを出していなかったので、幸い怪我はなかっが、怪我人も何人か出たと聞いた。地元ではちょっとしたニュースになった。大学時代の友人からもらった原付は、あの事故でお釈迦になった。

 

飲酒運転は許せないですね。あんなので死にたくない。あのとき死んでいたら、結婚もできなかったし、二人の息子には出会えてなかったし、その他諸々この6年の楽しい思いはできなかったよなと29歳の春分の日に思ったのでした。

 

 

3月22日(金)

 

次男・レイが生まれて1か月が経った。とにかくレイはよく泣く。ずっと抱いていないとだめで、置くと泣き喚く。長男・ハルタはこれほど泣かなかった。もうすぐ2歳のハルタは立派ないたずら小僧へと成長した。そんなわけで、産休中の妻の疲労はかなり蓄積している。

 

仕事から帰宅すると、妻が「マジ眠い。代わって」と言った。選手交代。泣くレイを抱き上げると、少しずつ泣き止む。が、眠るわけではない。長時間抱いていていると、腕がやっぱり辛くなってきて、ベビーベッドに置いた。置くと、再び泣き始めた。

 

おれだって仕事で疲れてるんだ。お金だって稼いできてるし。……僕はレイの泣く声を無視し、椅子に座って読み途中の『社会学用語図鑑』を開いた。

 

社会学用語図鑑 ―人物と用語でたどる社会学の全体像

社会学用語図鑑 ―人物と用語でたどる社会学の全体像

 

 

本書は同じプレジデント社の『哲学用語図鑑』と『続・哲学用語図鑑』の続編である。

 

哲学用語図鑑

哲学用語図鑑

 

 

続・哲学用語図鑑 ―中国・日本・英米(分析哲学)編

続・哲学用語図鑑 ―中国・日本・英米(分析哲学)編

 

 

かわいらしい図解で、社会学に関わる人物と用語をわかりやすく解説している。読み進めると、「シャドウ・ワーク」の解説にたどり着いた。「シャドウ・ワーク」はオーストラリア出身の哲学者、イヴァン・イリイチが作った用語で、賃労働によって成り立つ生活や社会には不可欠な、専業主婦による家事など、賃金の支払われない労働のことを指す。

f:id:gorone89:20190324170159j:plain

 

 

近代の家族は、男性が賃労働をするために、女性が家事労働を担うことによって成り立ってきました。ところがこうした性別役割分業は、女性が男性に対して従属的な立場に置かれていくことへとつながっていきました。

 

僕は本を閉じ、「もうちょっと頑張ろう」と思い、再びレイを抱き上げた。

 

 

3月23日(土)

 

夕飯前、ベビーベットの上で、踏ん張るレイ。おむつを開けると、あの幼児特有の緑のうんちをしていた。僕はおしりふきで丸いおしりの表面を丁寧に拭いた。そして、肛門についたうんちも拭き取る。なかなか手際が良くなってきたぜと思ったその時だった。

 

ぎゃあああああ!!!

 

大量の新たなるうんちがレイの肛門から勢いよく噴出した。30センチは飛んだであろう(タオルの壁がなければもっと飛んだ)。うんちは僕が来ていたお気に入りのパーカーにも飛び散った。チッキショー。噴出したうんちの片づけはかなり大変であった。

 

作り話と思われるかもしれないが、この日、妻が作ってくれた夕飯はなんとグリーンカレーであった。

f:id:gorone89:20190324170244j:plain

のび太と鉄人兵団』より

 

妻に「嫌だったら食べなくていいからね」と言われたが、頑張って食べた。普通に美味しかったです。

 

 

3月24日(日)

 

今日は仕事がないので、妻に「子供の面倒見るから、羽伸ばしてきていいよ」と言ったら、彼女は横浜に買い物に行ってしまった。「シャドウ・ワーク」を必死にこなし、現在、二人の息子がお昼寝中でひと段落。

 

ブログの更新頻度がだいぶ減りました。まあ、しばらくはしょうがないか。

 

 

 

『アナログの逆襲』とノートのプレゼントの話

 

 

『アナログの逆襲』を読んだ。

 

アナログの逆襲: 「ポストデジタル経済」へ、ビジネスや発想はこう変わる

アナログの逆襲: 「ポストデジタル経済」へ、ビジネスや発想はこう変わる

 

 

本書では、デジタル技術が日進月歩の勢いで発展している現代で、アナログなモノや発想が、世界で再評価されている要因を徹底した取材に基づき読み解いている。アナログ好きであり、アナログの力を信じる僕は、本書の目次を読んだだけでもワクワクせずにはいられなかった。

 

 

【目次】

はじめに ポストデジタル経済へ

PARTI アナログな「モノ」の逆襲

第1章 レコードの逆襲

第2章 紙の逆襲

第3章 フイルムの逆襲

第4章 ボードゲームの逆襲

PARTII アナログな「発想」の逆襲

第5章 プリントの逆襲

第6章 リアル店舗の逆襲

第7章 仕事の逆襲

第8章 教育の逆襲

第9章 デジタルの先端にあるアナログ

おわりに 夏の逆襲

 

 

「第2章 紙の逆襲」では、ブランドノート「モレスキン」の成功と、フィジカルな「モノ」の代表である紙の強みについて書かれている。「ママ・モレスキン」と呼ばれるモレスキン社の中心人物であるマリア・セブレゴンディは感覚に重点に置くメソッドについて次のように語る。

 

「私がデザインで重視するのは、運動感覚的なアプローチです」

 

「私たち人間は、感覚によって肉体的な刺激を受ける必要がある。つまり、視覚、嗅覚、味覚、触覚、聴覚によってね」

 

「過去三〇年間で、デジタルの夢は現実になった。でも、それが素晴らしいことだけじゃないと私たちは気がついた。人間には、フィジカルなモノと経験が不可欠なの」

 

僕も一冊モレスキン・ノートを持ってる。3年前くらいに購入して、重宝している。新しい何かをここに書きつけるときは非常に心躍る。

 

f:id:gorone89:20190317182541j:plain

なぜかビッリマンの「スターウォーズ」シールを表紙に貼ってる。中に何を書いているかは秘密。

 

 

2 

 

文具好きの妻が以前から「アクセスノートブック」というノートを欲しがっていたので、ホワイトデーにプレゼントしてあげることにした。アクセスノートブックのことをネットで調べている内に、自分も欲しくなってきた。

 

f:id:gorone89:20190317183704j:plain

 

bungu-o.com

 

モレスキンに見た目は似ているが、様々な機能的な工夫が施されており、特に「目的のページに素早くアクセスする」という工夫に力が入れられている。早速、ホームページに掲載されている近所の取扱店にアクセスノートブックを探しに行ったが、どこに行っても置いていない。ホームページの情報が古いままなのではないか?

 

最近、欲しいモノはできるだけ実店舗で見つけようという信条があるのであるが、ホワイトデーが差し迫っていたので、結局、ネットで購入した。妻と僕の2人分。色もお揃いにした。一冊2570円、計5140円也。

 

 

 

近頃、読んだ本のタイトルや内容が思い出せないことが多い。音楽の場合もそうだ。音楽を聴いても、一度覚えたはずのタイトルやアーティスト名がなかなか出てこないのである。

 

もしかしたら、記憶に残らないのは、その作品との出会いに「物語」がないからではないかと僕は疑っている(単純に脳が老化してるだけなのかもしれないが)。働くようになってから店舗に探しに行くのが面倒で、気になった商品はすぐAmazonでポチっとしてしまう。で、数日で家に届く。今すぐ読みたい本は電子書籍で読めるし、大体の音楽はyoutubeで聴ける。

 

作品と出会うまでに間が空かないし、出会うのも容易になってしまったのである。つまり出会いまでの物語が発生しない。それゆえ、その作品に対する思い入れがそれほど生まれず、記憶に残りづらいのではないかと僕は推測しているのである。

 

そこで、何かを買うときはなるべく実店舗に足を運ぼうという決意をした(実店舗での偶然的な出会いにも期待している)。そして、本当に大切にしたいものは、デジタルではなく、アナログで所有しようと思った。

 

 

 

 

購入したばかりのアクセスノートブックは、来年度の仕事用のアイディアノートとして使おうと考えている。僕は何かを考えるときは基本、ノートを使っている。パソコン上よりもノートの方が想像力が高まる(気がする)。1年半続いているこのブログもまずノートに書き出してから、デジタルな記事にしている。

 

f:id:gorone89:20190317224207j:plain

ブログにするためのメモ。ひどい字である。

 

僕は昔からノートをきれいにまとめるのが苦手である。字も自分以外の人間には解読不能である。それでも自分が書き溜めたノートには愛着があり、なかなか捨てられない。

 

人のノートを見るのも結構好きである。人によってさまざまなノートの使い方やまとめ方があり、個性的で面白い。

 

f:id:gorone89:20190317224920j:plain

妻のモレスキンの、とあるページ。きれいにまとめられています。

 

 

 

ホワイトデーは、アクセスノートブックに加え、ホワイトチョコレートがふんだんに使われたケーキを妻にプレゼントしました。

 

すっかり春めいてきましたね。

平成の日本映画私的ベスト100[後編]

 


[前編]はこちら↓

gorone89.hatenablog.com

 

[後編]では、平成16年(2004年)以降から50本を選出します。

 

『誰も知らない』

誰も知らない [DVD]

誰も知らない [DVD]

 

誰も知らない子供たちだけの生活。映画で描かれるネグレクトや児童虐待のニュースが頻発していますが、一部の親だけの問題ととらえるのではなく、子供たちを守るため、社会全体で問題意識を共有すべきです。

 

 下妻物語

下妻物語【Blu-ray】

下妻物語【Blu-ray】

 

 深キョンのロリータ姿が最高!土屋アンナとの友情物語も見どころです。

 

 ハウルの動く城

ハウルの動く城 [DVD]

ハウルの動く城 [DVD]

 

公開時、僕は中学2年生でした。繰り返される退屈な日常にうんざりしていた中2病の僕は、新しい世界ではつらつと生きるソフィーにあこがれを抱いたのでした。

 

 フラガール

フラガールスタンダード・エディション [DVD]

フラガールスタンダード・エディション [DVD]

 

ハワイアンズ誕生物語。ラストのフラダンスショーは圧巻です。

 

 紀子の食卓

紀子の食卓 プレミアム・エディション [DVD]

紀子の食卓 プレミアム・エディション [DVD]

 

「レンタル家族」によって揺さぶられる既存の家族観……。鑑賞後一時間くらい落ち込みます。

 

カミュなんて知らない』 

カミュなんて知らない [DVD]

カミュなんて知らない [DVD]

 

6分40秒の長回しでトップシーンが始まります。この映画を見て、映画サークルにあこがれを持ちました。

 

 博士の愛した数式

博士の愛した数式 [DVD]

博士の愛した数式 [DVD]

 

高校の数学の時間に見せられました 。80分しか記憶が持たない天才数学博士と家政婦とその10歳の息子の交流が温かいです。

 

それでもボクはやってない』 

それでもボクはやってない スタンダード・エディション [DVD]

それでもボクはやってない スタンダード・エディション [DVD]

 

冤罪怖い。これを見て、混雑した電車内ではなるべく両手で吊革につかまるようになりました。

 

 トウキョウソナタ

トウキョウソナタ [DVD]

トウキョウソナタ [DVD]

 

家族がぞれぞれ抱える秘密ー。大学生のときにデート映画として見に行きましたが、鑑賞後しばらくお互い無言になったのが懐かしいです。

 

 『崖の上のポニョ

崖の上のポニョ [DVD]

崖の上のポニョ [DVD]

 

初鑑賞の時、波の上をポニョが走るシーンで震えたのを覚えています。波にのまれてしまった後の世界が美しく、おそろしい。

 

 『ぐるりのこと。』

ぐるりのこと。 [DVD]

ぐるりのこと。 [DVD]

 

生まれたばかりの子供の死を乗り越える夫婦の10年の軌跡。リリー・フランキーがいい味を出していて、予告編だけで泣けます。

 

おくりびと』 

おくりびと [DVD]

おくりびと [DVD]

 

第81回アカデミー賞外国語映画賞。納棺師の仕事を通じて、死生観について改めて考えさせられます。

 

 『サマーウォーズ

サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]

サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]

 

エンターテイメント作品として一級品です。仮想世界でのアバター同士の激しい戦いと、現実世界での大家族の温かい交流が巧みにマッチしています。

 

 のんちゃんのり弁

のんちゃんのり弁 [DVD]

のんちゃんのり弁 [DVD]

 

 『モーニング』で連載していた同名漫画を映画化。小巻役の小西真奈美がとにかくかわいい。

 

 ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』

ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ [DVD]

ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ [DVD]

 

太宰治原作、監督は『遠雷』の根岸吉太郎。大谷役の浅野忠信が非常にセクシーで、男の自分も彼に惚れました。

 

 愛のむきだし

愛のむきだし [DVD]

愛のむきだし [DVD]

 

盗撮、パンチラ、レズビアン、信仰宗教とやりたい放題。237分の上映時間ですが、最後までまったく飽きません。

 

 ヤッターマン

ヤッターマン “てんこ盛りDVD”

ヤッターマン “てんこ盛りDVD”

 

アニメと変わらぬ突き抜けたノリが良いです。深キョンドロンジョ様がたまりません。

 

 『悪人』

悪人 スタンダード・エディション [DVD]

悪人 スタンダード・エディション [DVD]

 

不幸な女性を演じさせたら、深津絵里はピカイチだと思います。同じ公開年の『告白』と賞を争いましたが、僕は断然こちらを推していました。

 

 『海炭市叙景

海炭市叙景 (通常版) [DVD]

海炭市叙景 (通常版) [DVD]

 

函館市を模した架空の北の地方都市「海炭市」 を舞台にした群像劇。ガスボンベで足の指で挟むシーンがあるのですが、見ているこっちも痛そうで泣きそうになります。

 

 『大鹿村騒動記』

大鹿村騒動記【DVD】

大鹿村騒動記【DVD】

 

人生のすばらしさを謳った心温まる喜劇。様々なトラブルが上手に収斂していくプロットが見事です。

 

『僕達急行 A列車行こう』 

僕達急行 A列車で行こう [DVD]

僕達急行 A列車で行こう [DVD]

 

森田芳光監督の遺作。『の・ようなもの』を彷彿とさせるのほほんとした雰囲気で、人生のしんどさがちょっと軽くなります。

 

 冷たい熱帯魚

冷たい熱帯魚 [DVD]

冷たい熱帯魚 [DVD]

 

個人的には園子温監督のベスト映画です。「透明にしちまえばいい」と次々と人を消していくでんでんが怖すぎます。

 

『サウダーヂ』

f:id:gorone89:20190304183028j:plain

在日外国人ひしめく地方都市のリアル。ラッパー役の田我流がいい味出してます。ソフト化されていないのが残念。

 

『かぞくのくに』

かぞくのくに [DVD]

かぞくのくに [DVD]

 

北朝鮮から25年ぶりに日本に帰ってきた兄。近い二つの国の遠さを実感します。

 

 『桐島、部活やめるってよ

桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組)

桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組)

 

朝井リョウのベストセラー青春小説を見事に映像化。学生時代どのスクールカーストに所属していたかで映画の見方が変わります。

 

 『ももいろそらを』

ももいろそらを [DVD]

ももいろそらを [DVD]

 

「バカ」 を連発する口の悪い女子高生がいいキャラしてる。彼女の趣味は新聞記事の採点。こんな高校生と友達になりたかった。

 

『ぼっちゃん』 

ぼっちゃん [DVD]

ぼっちゃん [DVD]

 

 秋葉原連続殺傷事件にインスパイアされた映画。孤独が人を狂わせる。

 

 風立ちぬ

風立ちぬ [DVD]

風立ちぬ [DVD]

 

これを見ると仕事を一生懸命やろうという気分になります。結果がどうなるにせよ、何かに熱中できる人間はやっぱり魅力的です。

 

ペコロスの母に会いに行く』 

ペコロスの母に会いに行く 通常版 [DVD]

ペコロスの母に会いに行く 通常版 [DVD]

 

自費出版のベストセラーエッセイを映画化。ボケた母とハゲた息子の交流が微笑ましいです。

 

 『かぐや姫の物語

かぐや姫の物語 [DVD]

かぐや姫の物語 [DVD]

 

高畑勲監督の遺作。映像表現、物語ともに全てが美しいです。

 

 『ほとりの朔子』

ほとりの朔子 [DVD]

ほとりの朔子 [DVD]

 

二階堂ふみと僕は誕生日が同じです(だから何だ)。汚らしい大人たちが何人が出てくるので、少年少女の淡い恋が際立って輝いて見えます。

 

 『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』

林業の世界に飛び込む青年の成長物語。所々で笑え、特にラストの祭りのフィナーレが爆笑でした。

 

『FORMA』

f:id:gorone89:20190304183217p:plain

坂本あゆみ監督、衝撃のデビュー作。人間関係や人物像が明らかになっていくにつれ、恐ろしさが増してゆき、最後の長回しでは息が止まりそうになります。これもソフト化していません。

 

『百円の恋』

百円の恋 [DVD]

百円の恋 [DVD]

 

 『レイジング・ブル』のロバート・デ・ニーロとは逆で、安藤サクラがダルダルのぽっちゃり体型から、一気にボクシング体型になっていく過程には鳥肌が立ちます。ボクシング映画の歴史に刻まれる、新たな名作です。

 

 0.5ミリ

0.5ミリ [DVD]

0.5ミリ [DVD]

 

押しかけヘルパー物語。『百円の恋』 とはまた違った安藤サクラの魅力が発揮されています。ここ10年くらいの日本映画界での安藤サクラの活躍はすごいです。

 

 『恋人たち』

恋人たち [DVD]

恋人たち [DVD]

 様々な苦しみを抱えた恋人たち。妻を失った男の慟哭に涙せずにはいられません。

 

海街diary

ほんとこの美人4姉妹と一緒の街に暮らしたい。身近な人をもっと愛したくなる映画です。

 

 『野火』

野火 [DVD]

野火 [DVD]

 

きっとリアルな戦場てこんなんだろうなあ。おどろおどろしい映像表現は脳みそにこびりつき、夢にも出てきました。

 

 『岸辺の旅』

岸辺の旅 [DVD]

岸辺の旅 [DVD]

 

幽霊の夫と一緒に旅して出会う様々な人々。どこか会話がちぐはぐで、不思議な気分になります。

 

 『シン・ゴジラ

シン・ゴジラ DVD2枚組

シン・ゴジラ DVD2枚組

 

大災害が都心にやってきたときのシミュレーション。政治ドラマに徹しているのが素晴らしく、日本の政治機構の欠点と利点が浮き彫りにされます。

 

『淵に立つ』 

淵に立つ(通常版)[DVD]

淵に立つ(通常版)[DVD]

 

刑務所帰りの男を演じる浅野忠信がほんとに怖い。淵に立つ赤シャツの浅野は悪魔のよう。

 

この世界の片隅に 

この世界の片隅に [DVD]
 

何度見ても泣けます。こういう普通のいい子が何人も心と体に取り返しのつかない傷を負ったのです。戦争はいけません。

 

 『I Am A Hero』

日本のゾンビ映画もここまで来たか!と感動。ゾンビの表情、動き、なにもかもが気持ち悪い!

 

 『君の名は。

空前の大ヒットアニメ映画。 黄昏時に2つの世界が重なり、ついに少年少女が出会う場面では感動でちびりそうになるほど震えました。

 

 『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ

日雇い労働者の男と看護士で夜はガールズバーで働く女が出会い、お互いに少しずつ惹かれていく。セリフが詩的で、なんども見たくなります。

 

 あゝ、荒野

あゝ、荒野 (特装版) DVD-BOX

あゝ、荒野 (特装版) DVD-BOX

 

寺山修司原作。吃音のボクサーの必死な闘いを応援せずにはいられません。結末は悲しすぎます。

 

『花筐/HANAGATAMI』 

花筐/HANAGATAMI [DVD]

花筐/HANAGATAMI [DVD]

 

大林宣彦が『HOUSE』より以前に書いていた脚本を映画化。唯一無二の独特の映像表現によって反戦への強い思いを伝えています。

 

 『孤狼の血

孤狼の血 [DVD]

孤狼の血 [DVD]

 

登場人物一人ひとりのクセが強いですが、特に役所広司演じる暴力団係の刑事の迫力がすごい。『仁義なき戦い』 を彷彿とさせるナレーションの挿入にシビれました。

 

 カメラを止めるな!

カメラを止めるな!  [DVD]

カメラを止めるな! [DVD]

 

単館発の大ヒット作。1本の映画で様々な映画体験ができ、鑑賞後に幸せな気分になれます。

 

万引き家族

f:id:gorone89:20190304183516j:plain

平成最後の傑作。是枝裕和監督は震災以後に強調されるようになった「絆」という言葉に疑問を持ち本作を撮ったそうな。思えば、平成という時代は、「絆」という言葉を声高に叫ばないと維持ができないほど、人々の関係性が脆弱になってしまった時代なのかもしれません。

 

 

大学時代にかなり劇場に足を運んでいたので、その頃に見た映画はどれ選出するか悩みました。幼い子どもがいるのでなかなか映画が見れなくなりましたが、平成以後の時代もできる限り積極的に新しい日本映画を鑑賞していきたいです。

 

 

 

 

 

妻とのディナーの話

 

先日第2子が産まれ、母子は現在入院中。僕が仕事の間、福井にある妻の実家から来てもらった義母が1歳の長男・ハルタの面倒を見ている。僕はなるべく早く仕事を切り上げ産院に行き、妻と生後間もない次男の顔を見る。そして、家に帰り、ハルタを風呂に入れ、寝かしつけるのである。

 

ハルタが寝てしまうと暇である。いつもハルタが寝た後は妻とおしゃべりしてるからなあ。さびしい。僕はパソコンを開け、久しぶりにAmazonで書籍のお買いものをすることにした。昨夜買ったのは、以下の3冊。

 

アナログの逆襲: 「ポストデジタル経済」へ、ビジネスや発想はこう変わる

アナログの逆襲: 「ポストデジタル経済」へ、ビジネスや発想はこう変わる

 

 

社会学用語図鑑 ―人物と用語でたどる社会学の全体像

社会学用語図鑑 ―人物と用語でたどる社会学の全体像

 

 

パワー

パワー

 

 

小説『パワー』のあらすじがとても魅力的である。早く読みたい。

 

ある日を境に、女たちが、手から強力な電流を発する力を得る。最年少かつ、最強の力を持つ14歳の少女ロクシーは母を殺された復讐を誓い、市長マーゴットは政界進出を狙い、里親に虐待されていたアリーは「声」に導かれ、修道院に潜伏する。そして、世界中で女性たちの反逆がはじまった―。 (「BOOK」データベースより)

 

妻がいないので、ベランダで、久しぶりににタバコを吸ってみた。それほどうまくない。

 

 

吸いさしの煙草で北を指すときの北暗ければ望郷ならず (寺山修司

 

 

 

妻は理科の教員である。彼女とは一時期職場が同じで、職員室での席が隣だった。付き合う前から、席が隣なので二人でよくさまざまなおしゃべりをしていた。僕はかなり理数科目が弱く、理科の知識を彼女に教えてもらったりもした。僕は彼女の授業に対する熱意をリスペクトしていた。

 

ある日彼女は大量の煮干しを職場に持ってきた。何に使うのかと思ったら、彼女はそれを生徒に授業で解体させ、臓器の一つ一つをテープでレポートに貼らせ、魚の体の仕組みをまとめさせていたのである。彼女は回収したレポートを評価しながら、「くせえ」とつぶやいていた。

 

このとき、僕は「面白い。この人と付き合おう」と決意したのである。恋愛に対して自身はかなり奥手であると自覚しているが、このときは自分でも驚くほど積極的にアプローチをした。

 

そしてなんとか交際に至った。交際間もなく、僕は彼女に「結婚したい」と言った。彼女はその言葉を冗談だと受け取っていたらしく、最初のころ、僕のその思いは適当にあしらわれてしまっていたのである。

 

 

 

今日の仕事帰りも妻のいる産院に寄った。明日妻と次男は退院する。この産院では、退院の前夜に祝い膳が出され、これは夫も食べることができる。次男を看護師に預け、妻と祝い膳を味わって食べた。久しぶりの二人きりでの食事である。

f:id:gorone89:20190226222103j:plain

メイン料理は牛ヒレ肉ステーキ

f:id:gorone89:20190226222235j:plain

デザート

僕らは、赤ん坊のこと、妻の体調のこと、僕の仕事での出来事のこと、これからの家のことなどをしゃべった。彼女と話しているときがいちばん楽しいし、心休まる。「あと一年で育休が明けるから、仕事の準備もしなくちゃね」と僕は言った。大好きな仕事から一旦離脱させてしまって、妻には大変申し訳ないことをした。

 

ハルタを家に待たせているので、それほど長く妻と一緒にいるわけにはいかず、明日の退院の打ち合わせをすませ、僕は家に帰った。

 

 

結婚して2年と少し経ったが、今でも妻のことがとても好きである。明日彼女が帰ってくるのが楽しみだなあ。

 

 

 

第2子が産まれた話

本日(2019年2月23日)、14時27分、第2子が産まれました。

 

今これは自宅でパソコンに向かって書いています。隣の部屋で1歳の長男は「スーピー」と寝息を立てている。妻と第2子は入院中。

 

今日は目まぐるしい一日だった。出産予定日を過ぎて2日目の今日、昼になり、自宅で妻の陣痛が始まった。自宅はマンションの5階。妻の体を支え下まで降り、なんとか車に乗せ、産院へ。

 

産院に着くとそのまま分娩室に入った。子宮口が開いているとのことで、お産に突入。妻のうめき声は大きくなる。先日読んだ『82年生まれ、キム・ジヨン』にあった「レゴの人形の胴体の足をつかんで逆方向に回してはずそうとしているような、腰がねじれそうな痛み」という強烈な比喩が僕の頭に浮かんだ。

 

82年生まれ、キム・ジヨン (単行本)

82年生まれ、キム・ジヨン (単行本)

 

 

分娩室に入って1時間半で男の子を出産。妻、本当によく頑張りました、感謝です。母子ともに健康。第2子の体重は3490グラム。まだ新しい家族が増えた実感がわきませんが、またこれから二人の息子の育児に精を出していきたいです。

 

父である僕は平成の始まりの平成元年生まれで、新しい息子は平成の終わりの平成31年生まれ。……だから何だという感じですが。

 

そして、2月23日は皇太子と同じ誕生日。来年から祝日です。